ふぐ皮すき機うろこ取り機骨抜き機ふぐ刺身機はも骨切り機貝掃除機乾燥機 等

有限会社 サンテクノ久我

電動はも骨切り機

はも骨切り名人

名人シリーズ
HSK-750新型
HSK-800新型
HSK-500

匠の技!包丁 による 引き切り を 実現!高品質!

「活はも」で高品質(小サイズ〜2kg up)

活はも ・ 〆はも ・ 生はも用 (半解凍魚も可)

  • 高品質
    • 「包丁による引き切り加工」 「こだわりの高品質」
    • 皮には確実に「切り目」加工
    • 京都のプロが認めた高品質
  • 2〜3倍以上の加工能力 (2枚丸刃方式 当社比)
    • 3匹以上の同時加工も可能(加工幅 300mm)
    • 小型・省スペース  W870×L1350
  • 「切断ピッチ」も「速度」も 簡単調整
    • 魚の大きさに合わせた最適条件に簡単設定ができる
    • 洗浄〜簡単方式

はも骨切名人の写真
新型 HSK-750、HSK-800

はも骨切名人の写真
HSK-500

はも加工
はも加工
はも骨切り 3匹同時加工
はも骨切り  3匹同時加工
HSK-750/800  おもな仕様
切断幅 200mm、300mm
装置 概寸 1350L×1500H
電源 AC200V×250W
出口駆動コンベア 500L
特許申請済

▼「はも骨切り名人」が京都新聞に掲載されました

名人芸“ハモ切り”再現
京の仲卸業者協力 愛媛の会社が新型機

京都市中央卸売市場内の鮮魚仲卸業者から技術アドバイスを受け、愛媛県新居浜市の鮮魚加工機械開発会社が、ハモ骨切り用の新型機をこのほど開発した。

料理人の包丁さばきを参考に、従来機では難しかった繊細な切り口を再現。卸業者や小売店向けに販売を進め、京都を代表する夏の味覚の普及拡大を図る。

ハモは小骨が多いため、独特の骨切りが必要になる。包丁を数ミリおきに入れて皮を切らずに残す技術で、習得には年月がかかるとされる。京都はハモ消費量で全国の約4割を占め、骨切り技術を持たないスーパーなどの需要もあり、骨切り機の開発が求められていた。

新型機は、流れるベルトにハモを乗せ、鋼製の刃を包丁で引き切りするように動かす。コンピューター制御のため、切れ込み間隔を0.1ミリ単位で調整でき、包丁のような細長い刃を用いたことで、料理人のような切り口を再現できるという。

開発会社のサンテクノ久我は5月に関連技術を特許出願し初号機を発売、6月中には改良機を発売する予定。技術アドバイスを行った仲卸業者の三京田村(京都市下京区)の田村靖也社長は「ハモをおいしく食べられる環境を整えることで、食生活の魚離れに歯止めをかけたい」と話している。

2007年6月19日  京都新聞掲載

▼お客様の声

「はも骨切り名人」は今年4月末に導入した。
これまで、はも骨切り機はあっても「活けハモ」はうまく切れるものがなかったので購入しなかった。

当社は活けハモを骨切りして一般家庭への宅配や、割烹やホテルなどへも販売する。
冷凍でなく、「活けハモ」を使わなければユーザーの要望に応えられない。

導入にあたって「活けハモ」の骨切りを試した。
仕上がりは素晴らしく「生で、ここまでできるのか!」と一緒に骨切りを見た職人はしばらく言葉を失った。
見事な仕上がりだった。

当社は「ふぐ皮すき名人」も使っている。素晴らしい機械で助かっているが、はも骨切り機もこの仕上がりに満足している。

当社で扱うハモは地元の「活鱧」。
昨年まではハモの骨切りは職人による手作業で行っていた。
そのため、ホテルなどから注文があっても十分な対応ができなかった。
今年は大丈夫だ。

(M水産のM社長) みなと新聞、2008年5月28日掲載より
※みなと新聞は、世界の水産と食品ニュースを扱う水産食品専門誌です。

メモ

はも骨切り機

  1. 切断ピッチ・速度はそれぞれ自在に変えることが出来るため(簡単操作)、「活はも」を小型サイズ〜2kg upまで、それぞれ最適の条件で包丁切りをすることができ、高品質加工が実現しました。
  2. 切断幅(加工幅)300mmのため、「活はも・〆めはも」を3匹以上同時加工することも可能となり、従来の2〜3倍以上の高い処理能力を実現いたしました。(2枚丸刃方式 当社比)

えひめが誇るスゴ技

製品一覧へ戻る